チェコ語学習者のための教科書案内


チェコ語を本格的に学ぶ際にはどうしても教科書は不可欠です。
ここでは今までぺぴーくが実際に使ったものを列挙してみます。                                                        
書名 チェコ語の入門
著者 千野栄一、千野ズデンカ
出版者 白水社
出版年 1975年
出版地 日本の文献なので書く必要なし(殆ど全部東京)
総ページ数 272ページ
値段 2600円
ISBN 4-560-00757-8
備考 不朽の名著。これ一冊あればチェコ語を学習する事ができるという大変な優れもの。ただし正書法が多少古いのと、今はもはや使われない文例、単語があるのが難点ですが当時の時代に即しているのでしょうから、著者を責める事はできません。ただ機械工場で飛行機と自動車モーターを作るのはちょっと難がありますよね。あと「雉を運んでいます」というのと。

                                              
書名 エクスプレス チェコ語
著者 千野栄一
出版者 白水社
出版年 1986年
出版地 日本の文献なので書く必要なし(殆ど全部東京)
総ページ数 144ページ
値段 2200円
ISBN 4-560-00772-1
備考 いきなり未来形から入るという面白い導入の仕方をしていますが、簡単な文法事項から入っていこうとする考えで作られたと思います。大体チェコ語の入門の内容を圧縮したような内容になっています。比較的新しい本なので正書法、表現も新しくなっていて良いです。

                                     
書名 エクスプレス チェコ語(新稿版)
著者 保川亜矢子
出版者 白水社
出版年 1997年
出版地 日本の文献なので書く必要なし(殆ど全部東京)
総ページ数 152ページ
値段 2200円
ISBN 4-560-00532-X
備考 これもとてもよい教科書だと思います。動詞の変化、名詞の格変化の優しい物から徐々に導入しています。難しくかつめったに使わない格変化、文法事項は最後の方に付録になっています。量、バランスを考えるとこれから始めるといいと思います。

                                              
書名 中・東欧のことばをはじめましょう。 チェコ語CD入り
著者 石川達夫 Karel Fiala
出版者 朝日出版
出版年 2001
出版地 日本の文献なので書く必要なし(殆ど全部東京)
総ページ数 108ページ
値段 2500円+税
ISBN 4-255-00089-1
備考 チェコ語は文法事項が極めて多い言語です。ですのでこれらの主な物を10課にまとめるとなると、これはもう大変な詰め込みになってしまいます。CD付きということで手軽に発音を聞けるという点ではお薦めです。短い期間に集中してやるのには良いと思います。実際私はこの教科書を使って3日間でチェコ語の主な部分を教えた事があります。

                                              
書名 チェコ語初級
著者 石川達夫
出版者 大学書林
出版年 1993年
出版地 日本の文献なので書く必要なし(殆ど全部東京)
総ページ数 380ページ
値段 6000円
ISBN 4-475-01799-8
備考 この本は決して初級向けではないです。中級者向けです。文法事項に対して細かい説明がしてあり、チェコ語の格変化の覚え方を教えてくれます。内容も今まで挙げたものの中で一番難しいです。最初にこの本から取りかかったりすると大変に苦しむと思います。ただし今までチェコ語の教科書をあげた人やチェコ語文法をより厳密に知りたいというのならこれを利用しましょう。チェコ語をより深く理解できます。